HOME > サービス一覧TOP教育コースのご案内 > 教育コースカリキュラム

教育コースカリキュラム

CATIA教育コース

>> 基礎コース >> 応用コース >> その他のコース

Dynavista教育コース

CATIA教育コース

■基礎コース

CATIA初心者の方向けに、CATIAの基本操作・基本概念を5日間で習得していただくコースです。

パソコン操作に自信のない方も大丈夫です!

合計 5日間

コース名 V5製品名(略称)/ワークベンチ 概要 日数

基礎・スケッチ

  • CATIA V5の基本概念について
  • スケッチの基本概念と操作について
パート・デザイン2(PDG)/
パート・デザイン

CATIA V5の基本概念

  • CATIA V5の特徴、概要
  • CATIA V5の基本用語

メニューの使い方とコマンド体系

  • 表示操作
  • データ管理

スケッチの基本概念と操作

  • プロファイルの作成と編集
  • スケッチの管理
1.0日

ソリッド

  • 3次元設計の基本となるスケッチベースフィーチャのモデリングについて。主に機械部品の設計時に利用
パート・デザイン2(PDG)/
パート・デザイン
  • 立体の概念
  • スケッチベースモデリング
  • パーツへのドレスアップ
  • パーツの修正と管理
    • ボディの挿入と管理(プール演算)
  • リンク付きコピー
  • ソリッドモデリング演習
1.0日

サーフェス

  • ワイヤーフレームとサーフェスを組み合わせたモデリングについて(主に三次元曲面を持つ部品設計時に利用)
  • サーフェスモデリング演習
ジェネレーティブ・シェイプ・デザイン2(GSD)/
ジェネレーティブ・シェイプ・デザイン
  • ワイヤーフレーム形状の作成
  • 基本サーフェスの作成
  • サーフェスの操作(データ修正)
  • フィレットの操作
  • サーフェスモデリング演習
1.5日

アセンブリ

  • 階層構造を持つアセンブリ部品の定義方法について
アセンブリー・デザイン2(ASD)/
アセンブリー・デザイン
  • アセンブリーデザインの概要
  • 拘束による構成要素の配置
  • アセンブリードキュメントの管理
  • アセンブリー解析
  • 大量構成要素の取扱い
  • アセンブリー環境での設計
  • パブリッシュされた形状の作成および使用
1.0日

ドラフティング

  • 3次元部品を元に2次元図面を生成する方法について
ジェネレーティブ・ドラフティング2(GDR)/
ドラフティング
  • 図面の開始と図の生成
  • 図のレイアウトとプロパティの編集
  • 寸法と注釈
  • 図面ドキュメントの管理
0.5日

●通常はHD2標準構成パッケージを対象に教育を行います。

    MD1、MD2などの場合も可能です。ご相談ください。

>> 受講のお申込み

■応用コース

パラメトリックな流用設計、ナレッジ操作を習得していただくコースです。

合計 3日間

コース名 V5製品名(略称)/ワークベンチ 概要 日数

パラメトリックモデリング

  • パラメトリックモデリング手法について (流用設計を目的としたモデリング手法)
パート・デザイン2(PDG)/
パート・デザイン (HD2標準)
パラメータ、式について
固有のパラメータとユーザーパラメータ
パブリッシュ
パブリッシュ概念、作成方法
設計テーブル
複数パラメータをセットで管理
パワーコピー
類似部位をテンプレート化
パラメトリックモデリング手法とは
総合演習
2.0日

ナレッジBASIC

  • パラメータにチェックやルール付けを行い形状を制御する方法について
ナレッジアドバイザー2(KWA)/
ナレッジ・アドバイザー
KWAを利用したパラメータ、式の作成
カタログ
カタログの登録と利用方法
チェック
パラメータにチェックを適用
ルール
ルールの条件に合わせて自動設計
1.0日

●ナレッジBASICコースの内容には、オプションモジュールKWA
(ナレッジ・アドバイザー2)の機能を含んでいます。

>> 受講のお申込み

■その他のコース

オプションモジュールについてのコースです。

コース名 V5製品名(略称) 概要 日数

サーフェス
上級

フリースタイル・
シェーパー
(FSS)
フリースタイルシェーパー2(FSS)/ フリースタイルシェーパー あらゆる種類の自由曲線とサーフェスの作成プロセスを徹底的に単純化し、デザイナーの感性を表現する直感的なオペレーションを可能にした機能のご紹介 1.0日
データ修正 HD2 HD2標準機能を利用したデータの修正方法 1.0日
ヒーリング・
アシスタント(HA1)
ヒーリング・アシスタント1 インポートした幾何形状データのチェック・修正

解析

GPS ジェネレーティブ・パーツ・ストラクチャル・アナリシス2 静解析、周波数解析 1.0日
GAS ジェネレーティブ・アセンブリー・ストラクチャル・アナリシス2 アセンブリー対応、パーツ間の結合を入力可能
FMS FEMサーフェス2 GPSの持つメッシュ作成に加え、サーフェスのメッシュ作成のためのコントロール機能など 1.0日

 

DMU

DMN
  • DMUナビゲータ2(DMN)
  • DMUスペース・アナリシス(SPA)
  • DMUフィッティング(FIT)
  • DMUキネマティクス(KIN)
構成要素ナビゲート、構成要素の表示など 1.0日
SPA 干渉チェック計算、構成要素の比較など
FIT 構成要素のマウントおよびアンマウントなど
KIN 機構の作成、機構シミュレーションの記録など

>> 受講のお申込み



Dynavista教育コース

Dynavista基本操作を習得するコースです。

コース名 概要 日数

Fillet

  • フィレット面の作成
  • 合流部の作成と編集
  • フィレット面の補正
  • フィレット面のチェック
  • CATIA標準とDynavistaのコマンドを比較
0.5日

Dieface Design

  • 工程検討
  • 座標軸決め
  • しわ押さえ面
  • 余肉形状、ビード
  • 評価
  • 見込み形状作成
1.0日

Shaper

  • 複合面回転変形
    • ハイパースプリングバック
  • オーバークラウン
  • ねじれ見込み形状

Die Structure Design

  • プレス設計の基礎
  • 構造設計
  • 部品配置
  • リブ設計
  • Die Structure Designモデリング機能
  • 部品属性・加工属性
  • カスタマイズについて
2.0日
Mold

Mold Design

  • 樹脂金型設計の基礎
  • キャビコア設計
  • 型設計
  • 部品属性
  • ユーザ定義部品
2.0日

標準部品作成

パラメータ、式について
固有のパラメータとユーザパラメータ
設計テーブル
複数パラメータをセットで管理
カタログ
ドキュメント、外部フィーチャーを登録
Dynavistaの部品について
単体部品の作成
セット部品の作成
0.5日

ユーザベース作成

  • Dynavistaのベースについて
  • プレート構造ベースの作成
  • 鋳造構造ベースの作成
0.5日

Die CAM 2.5D

  • 加工部位定義(座面、スライド面、ポケット、穴)
  • 部位属性定義
  • 加工工程設計
  • 経路計算
  • NC出力
  • 経路編集
  • 加工技術情報
2.0日

Die CAM 3D

  • PPRツリー
  • 操作の流れ
  • 加工工程設計
  • NC出力
  • BGJ
  • 経路編集
  • 最適化
  • 干渉チェック
2.0日

>> 受講のお申込み


このコーナー内のページへのリンク


このページのトップへ